免费国产在线精品一区,a国产欧美亚洲国产在线,国语自产少妇精品视频,国自产精品手机在线视频

  • <u id="6iyao"><optgroup id="6iyao"></optgroup></u>
    <source id="6iyao"><noscript id="6iyao"></noscript></source> <kbd id="6iyao"></kbd>
  • <nav id="6iyao"></nav><source id="6iyao"><option id="6iyao"></option></source>


  • 河北省軽合金ホイールプロジェクト技術研究センター概要


           河北省軽合金ホイールプロジェクト技術研究センタ-(以下はプロジェクトセンタ-と略称する)は秦皇島戴卡興龍ホイール有限公司の元で、秦皇島燕山現代集成製造技術開発有限公司と一緒に設立した?     
          プロジェクトセンタ-は2012年5月に、河北省科学技術庁、財務庁、発展改革委員会の検収に合格して、正式的に省級プロジェクト技術研究センタ-のシークエンスに属する。

          自身の優勢を利用して、業界発展トレンド、技術需要、重要な技術問題によって、プロジェクトセンターは四つの研究方向を決めた。(1)ホイール軽量省エネ新工芸研究(2)ホイール製造新設備及びセット技術研究(3)ホイールの大型化製造技術研究(4)ホイールインテグレーション化開発技術研究。

          プロジェクトセンターの作業員は30人で、その中に、70%以上は中、高級職名を持っている。製品開発と技術革新によって、プロジェクトセンターは専門完備、配置合理、素養の高い革新タイプの科学技術人材チームを育成した。プロジェクトセンターは4000平方メートルのプロジェクト試験室と700平方メートルの事務室と30台(セット)ぐらいの器械、設備、装備を持っている。装備価値は2500万元。プロジェクトセンターはホイールの先進技術、工程に従って、色々な工程技術試験ができる。ホイール製品の何十項目の試験、測定ができる。しかも、ホイール製造用の肝心設備と生産設備のセット技術の開発能力を持っている。

          プロジェクトセンターは有効な運営システムと完全な管理制度を持っている。管理委員会とプロジェクト技術委員会を設立した。会社は主任責任制度下で、プロジェクトセンターを運営する。管理委員会は全体の運営をコントロールして、重大な方策を立てる。プロジェクト技術委員会の指導で、技術に関する仕事を行う。プロジェクトセンター主任はプロジェクトセンターの全体の仕事を管理する。

    プロジェクトセンターは積極的に技術交流活動を行う。“生産?教育?研究” の方針を推し進める。業界の人材資源、技術資源、産業資源を充分に利用して、科学研究院所?業界内企業とともに業界の技術難題と肝心な技術難関を攻め、高技術の人材を育成する。戦略性研究開発を行い、産業技術革新を促進して、業界の企業に技術提携とサービスを提供する。

          プロジェクトセンターは河北省科学技術庁、秦皇島市科学技術局、開発区科学技術局の協力と指導の下で、市場に向き、軽量化ホイール製品を目標として、新製品、新技術、新工芸、新設備及びセット技術などの特徴としての国内一流の軽合金ホイールプロジェクト技術研究センタになるように頑張る。


    河北省軽合金ホイール工程技術研究センタ?組織構成図


     


    グループの技術センター概要


          中秦興龍工業グループ技術センターはグループの新規製品、先進技術、先端工芸の研究開発センターである。専門CAD/CAM/CAEソフトを持って、お客様の要求に従って、製品と金型の2D、3Dデザインして、プログラム加工する。 FEA分析を利用して、製品性能を分析して、お客様の製品性能要求を満足させる。鋳造と鍛造工程をシミュレーションして、生産工程合理性を確保する。技術センターに試験設備、検査設備が揃えて、ホイールの寸法、冶金材料性能、信頼性と安全性、塗装性能などの四つの検査分野での何十項目の試験と検査ができる。

          ここ数年 技術センターは何十項目の国家級、省部級及び市級科学技術項目を引き受ける。毎年 何十項目の企業級科学技術項目の開発をして、完成する。毎年10項目のパテントを申請する。技術センターは燕山大学などの高等学校、科学技術研究院と各分野で、協力している。専門技術者は相応分野で、科学技術研究を展開して、色々な研究が実を結んだ。その中に、“鍛造アルミホイール重要装備と生産ラインの組立て技術”項目は河北省科学技術進歩二等賞を受賞した。2011年10月に 技術センターは河北省発展改革委員会、科学技術庁、工業情報化部、財務庁などに “省級企業技術センター”と認定された。


    グループ技術センター組織構成図


    一:製品開発


          技術センターは強大な製品開発チームと開発能力を持っておる。開発者はCAD/CAM/CAEソフトに詳しくて、豊富な製品設計経験を持っておる。お客様は必要な装着寸法、負荷、重量などの情報を提供するだけで、ホイールの開発が出来る。直接にお客様と開発データ交換ができるしお客様とともに、ホイールの開発ができる。


    製品2D設計:

     

    製品3D設計:





    二:金型開発


          技術センターは強大な金型設計能力と製造能力を持っておる。ホイールの工芸要求によって、先進なCAD/CAM設計技術を通じて、鋳造金型、鍛造金型、フローフォーミング金型の構造設計と加工工芸のシミュレーションができる。


    鍛造金型:

    フローフォーミング金型:

    鋳造金型:

    金型加工シミュレーション:




    三.装着シミュレーション


          ホイールと車軸、ブレーキ、バランスウェット、キャップなどの装着シミュレーションを通じて、ホイール製品は装着性能の方面でお客様の要求に満足できる。

    ホイール装着シミュレーション:
      



    四: 信頼性シミュレーション


           FEA分析によって、ホイールを信頼分析して、性能要求を満足させる。


    衝撃試験シミュレーション:


    回転曲げ疲労試験シミュレーション:


    径向试验模拟:






    五.工芸シミュレーション


          鋳造及び鍛造の生産工芸のシミュレーションは生産工芸の合理性が確保できる?


    鋳造工芸シミュレーション:

    鍛造工芸シミュレーション:


  • <u id="6iyao"><optgroup id="6iyao"></optgroup></u>
    <source id="6iyao"><noscript id="6iyao"></noscript></source> <kbd id="6iyao"></kbd>
  • <nav id="6iyao"></nav><source id="6iyao"><option id="6iyao"></option></source>
  • 免费国产在线精品一区,a国产欧美亚洲国产在线,国语自产少妇精品视频,国自产精品手机在线视频

    品牌简介

    {转码主词}