免费国产在线精品一区,a国产欧美亚洲国产在线,国语自产少妇精品视频,国自产精品手机在线视频

  • <u id="6iyao"><optgroup id="6iyao"></optgroup></u>
    <source id="6iyao"><noscript id="6iyao"></noscript></source> <kbd id="6iyao"></kbd>
  • <nav id="6iyao"></nav><source id="6iyao"><option id="6iyao"></option></source>

  • 一.低圧鋳造生産工芸


          低圧鋳造生産工芸とは、取り鍋の中に乾燥圧縮空気を入れて、溶湯は空気圧力によってストークを通じて溶湯を押し上げ鋳型内へと注湯する。鋳物が完全に固まるまで溶湯表面の空気圧力を保つ。その後に、溶湯表面の圧力を解除し、残った溶湯は取り鍋へ戻す。固まった溶湯は鋳型内で鋳物になる。


    > 鋳造フローフォーミング生産工芸


          鋳造フローフォーミングは低圧鋳造鋳物のリム部を押出成形する工芸である。上型でしっかり鋳物を押して、鋳物と下型を同時に回転させ、ローラーによって鋳物のリム部を伸ばして、成型させる。


    弊社が製造した鋳造フローフォーミングアルミ合金ホイールは以下のメリットがある。

    1、軽量化

         同じ負荷条件でフローフォーミングのホイールは低圧鋳造のホイールより10%軽い。

    2、コストパフォーマンスが高い

         リム強度の面は鍛造ホイールに近いが、価格の面は鍛造ホイールより大分安い。

    3、 荷重能力が高い

          鋳造フローフォーミングアルミ合金ホイールのリム部機械性能は低圧鋳造ホイールより、降伏強度が12%高い、引っ張り強度が15%高い、伸び率が30%高い、硬度が8%高い、荷重能力を大分上げる。

    4、安全性が高い

         鋳造フローフォーミングホイールのリム部はスピニング成型のため、低圧鋳造ホイールリム部の巣穴、ピンホールなどを解決し、車走行中のエア漏れを防ぐ。


    > 鍛造フローフォーミング生産工芸


          鍛造フローフォーミング生産工芸は三回鍛造、一回フローフォーミングの成型技術を利用し、6000トン油圧機の高圧鍛造によって、内部の合金分子の排列構造と結晶の形を変えてから鍛造アルミホイールの強度を高められる。


    弊社が製造した鍛造アルミホイールは以下のメリットがある。

    1、軽量化、操縦性抜群
         同じ負荷値で、鍛造アルミホイールは鋳造アルミホイールより20%-50%軽い?鍛造アルミホイールを装着した車はハンドルが操縦し易くなる。高速走行ももっと穏やかになる。スタートスピードが速くて、ブレーキが軽くて、運転がもっと楽になる。

    2、省エネ
         鍛造アルミホイールを装着後、車の重量が軽くなって、ホイールの回転慣性質量の下がりに伴って、車の加速性能がアップになって、ブレーキ用のエネルギーを低下させることによって、省エネが出来る。

    3、 荷重能力が高い
         鍛造アルミホイールの引っ張り強度は鋳造アルミホイールより30%高い。降伏強度は鋳造ホイールより40%以上高い。伸び率は鋳造ホイールの2倍以上である。そして、鍛造アルミホイールの機械性能は均一で、強度と耐衝撃能力は鋳造アルミホイールよりさらに高い。同じ重量のアルミホイールで、鍛造ホイールの荷重能力は鋳造ホイールより30%-50%高い?

    4、円度が良くてバランスがいい
         鍛造アルミホイールは鍛造成型した後NC加工旋盤で加工し、真円度が高い;鍛造アルミホイールの素地が均一、アンバランス量が小さく、運転バランス性が良くて、高速走行中にハンドルが揺れることを解消して、快適に走行できるようになる。鍛造アルミホイールは鍛造成型した後NC加工旋盤で加工し、真円度が高い;鍛造アルミホイールの素地が均一、アンバランス量が小さく、運転バランス性が良くて、高速走行中にハンドルが揺れることを解消して、快適に走行できるようになる。

    5、外観がいい
         鍛造アルミホイールの外観設計の自由度が大きい。そして表面色、光沢効果が良い、
    よりよくカスタマイズが出来、車の美観をアップさせる。


    > マグネシウム鍛造ホイール技術の開発と応用


    弊社は鍛造マグネシウムホイールの開発と生産の面は以下の技術メリットがある。

          1.新材料の開発と応用?国標準のマグネシウム材料に一定の比率の希土類元素を入れて、マグネシウムの塑性を上げて、鍛造成型し易くなる。

          2.マグネシウム合金などの温鍛造技術を開発した。特定の温度で鍛造し;そして鍛造金型2本を利用し、1本は予備鍛造用、もう1本は最終成型用;それから押出金型によってリムを精密成型する。

          3.低圧鋳造アルミホイールより35%軽く出来る。


    > アルミ合金ホイール低圧鋳造全水冷工芸


          低圧鋳造水冷工芸は以前の圧縮空気の変わりに、恒温水を冷却媒質として、鋳造金型の上型、下型、横型の通路内に流通させ、金型に冷却する。水の冷却性が強くて、冷却効率も高いので、ホイールの機械性能を有効に上げられて同時に生産効率を上昇させる。低圧鋳造全水冷工芸はホイールの軽量化の技術の基盤である。



    > 塗装ライン前処理工程


    弊社は先進的な無スケーリング、無析出の前処理工芸を採用している。ホイール表面の鈍化膜の品質が長く保証できる。また、塗装膜の耐腐食性能を安定させて、耐CASS性能、塩水噴霧などの塗装膜性能も上昇させる。

    1.リン酸塩成分を含む脱脂薬剤を使用し、ホイールにリン酸塩処理をして、有る程度にホイールフランジの耐食性を向上させる。

    2.表調処理及び鈍化処理は酸洗いをする時完成するので、表調処理後の再酸化を防ぐ事ができ、また、鈍化皮膜の形成にも効果がある。製品の耐腐食能力の一致性を上昇する事ができる。そして、遷移金属元素を導入して、ゾルーゲル法によって金属表面に緊密的な鈍化保護層を作り出す。



    3.四、ノークロム鈍化液に於ける、遷移金属無機物体系の中に適合的に有機物を導入して、無機膜層の物理特性(膜厚、強靭さなど)を改善する。また、単一無機物体系の膜成形の連続性を改善する。


       


    > 高強度、軽量化、短プロセスのアルミホイール製造新工芸


    工程特徴:

          1.伝統的な鋳造フローフォーミングアルミホイール生産工芸と比べると、ゲート取りと予備機械加工工程を取り消したので、位置決め偏差の防止ができるようになる。生産納期を縮めるだけではなく、省エネができ、生産効率をアップさせるとともに生産コストも削減する。

          2.鋳造機と熱処理炉の距離を縮める方法を利用している。ホイール運搬中の熱喪失を最小限化することによって、熱いうちに炉に入れることができ、熱処理工程に必要的なエネルギーを削減することができる。



  • <u id="6iyao"><optgroup id="6iyao"></optgroup></u>
    <source id="6iyao"><noscript id="6iyao"></noscript></source> <kbd id="6iyao"></kbd>
  • <nav id="6iyao"></nav><source id="6iyao"><option id="6iyao"></option></source>
  • 免费国产在线精品一区,a国产欧美亚洲国产在线,国语自产少妇精品视频,国自产精品手机在线视频

    品牌简介

    {转码主词}